腰椎変性すべり症 手術 1

 H29年1月に 夫が 腰椎すべり症で 手術しました
 
 私は 心配で 手術について インターネットで 
 いろいろ検索し 体験記を読ませていただきました
 当事者ではないのですが とても
 参考になったので もしかしたら 同じ病気で
 情報を知りたい と 思ってらっしゃる方が
 いるかもしれないので わかる範囲で BLOGにUPすることにしました

 あくまでも 家族の目から見た 病状記録です
 



 約2年前 夫の腰痛が 始まりました
 きっかけは 雨の日のゴルフ
 そのあと 少し 良くなっていたのに めったに行かない ボーリングに行き
 さらに 悪化
 
 整体、マッサージで 治らないため 整形外科受診
 その時の診断が 腰椎すべり症(脊柱管狭窄症も)
 もう 何年もかけて 今の病状になっていると。
 治療方法は 手術しか 方法はない・・・とのことでした(夫いわく)

 90日くらい 理学療法にも通いましたが 腰、臀部の痛みは 良くならず

 その後 民間療法に・・・(整体とか マッサージとか 針灸とか)
 歩ける範囲も 徐々に短くなり
 重いものも持てず 痛みも強くなり
 ガマンしていた 痛み止めを服用しても 効果なく 

 H28年10月くらいから 症状が ひどくなり
 いつも 左の腰、臀部に 手を当てて 歩く・・というように
 目に見えて 悪化
 

 それでも 11月の 息子の結婚式は なんとか クリア
 しかし 周りで様子を見ている 家族的にも もう 限界
 再度 整形受診を 何度もお願いしました


 そして ついに 11月下旬 朝 起きたら 痛みが強くて 
 屈んでないと 歩けなくなりました
 
 やっとこさ、1年半ぶりに 整形外科受診
 
 以前 通院していた病院ですが 今回は 
 夫の状況を見て 
 総合病院の整形外科を紹介され 外科手術を 勧められました
 
 
 総合病院の受診待ちしている間に 腰痛が さらにひどくなり
 激痛で 動けなり 階段が 上がれなくなり
 歩行は 日常生活 最低限だけ
 しかも おじいさんのように 腰を かがめた状態じゃないと
 歩けなくなりました
 
 待ちに待った 総合病院の整形外科の医師は
 腰椎すべり症は 命に かかわる病気でないし
 かなり 酷い状態でも 悪くなったり よくなったりを
 繰り返し なんとか 手術せずに 過ごせる人もいるから
 絶対的に 手術を進めるわけではないので よく考えて・・・
 風な 説明をうけました
 しかも 夫
年の場合 手術をするとなると 
 腰椎の3~5番までを ボルトで 固定する方法になるだろうから
 手術時間も だいたい6時間くらいかかるし 
 簡単な手術ではないと・・・

 もっと 簡単に考えていた 私は 医師の説明を聞いて
 猛烈に ショックをうけて ガッカリしました
 夫も 同じ気持ちだったと思います

 
 個人病院で MRI撮影も 済ませていましたが
 精度が 悪いとのことで 再度 総合病院で 予約
 予約が H29年1月4日ということで

 MAXの痛み止めの内服をもらい 腰痛を抱えたまま
 年明けを 待つことに・・・


                   続く
 
[PR]
トラックバックURL : http://muuyume.exblog.jp/tb/26425886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by muu.ykm69 | 2017-02-20 15:59 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(0)

2017年も 目指せ断捨離!! 日々の出来事と好きなドラマや映画のことを 書いています


by むう