2017年も 目指せ断捨離!! 日々の出来事と好きなドラマや映画のことを 書いています


by むう
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

見えるということ

 たまには真面目に・・・

 先日 眼科にある患者さんが 来られた。
 この患者さんは たぶん 今 うちの眼科に来られている患者さんの中で
 一番 視力の悪い患者さんだ。
 年齢は 50歳代。多分 主婦。
 緑内障で 視野が悪い。
 眼科では 片眼ずつ遮蔽して 視力検査するんですが
 右目は SL(-)
 つまり 光も感じないということです。盲目ということになるでしょうか。
 左眼は 30cm/mm(nc)
 眼前30cmのとこで 手を上下左右に動かす手の動きがわかる。
 ということです。
 その視力で 一人で 眼科に来られます。
 もう 感服の一言なんですが・・・・。

 いつもは 元気で 明るい方なんですが 先日は 視力検査後に ご自分の方から
 「あのね 最近 とっても 見えにくいの。
 夕方になると 目の前が 真っ暗になるの。今まで そんなことなかったのに。
 4つあるはずの電球が 3つしか見えなかったり、
 このまま 見えなくなってしまうんじゃないかと思うと とっても怖いのよ。」と
 私に訴えて来られました。
 
 見えない世界・・・って 考えたことありますか?
 私は 幸い 視力も良くて 老眼の心配だけなんですが
 5m先のランドル環の視力表が 見えなくて 0.1のランドル環を持って
 患者さんの前に 近づいて行って 視力測定するわけですが
 ・・・この輪っかの切れ目が見えないということは 私の顔も見えてないんだなあ・・・
 と思うことがあります。
 
 このところ 老眼が始まったのか 暗室に入ると 真っ暗でしばらく
 見えなかったりします。
 それと ハングルの辞書の小さい文字が 枕灯では 見えにくかったり・・・。

 ただただ 見えることのありがたさ。
 そして 見えなくなることの恐怖、見えないことの不自由さ 困難。
 眼科では そんなことを 感じることがあります。
[PR]
トラックバックURL : http://muuyume.exblog.jp/tb/3059748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かい at 2005-11-13 23:45 x
見えない世界、考えたことがあります。

障害には色々ありますが、目が不自由というのは、毎日が恐怖との闘いではないかと思う。

視覚がダメな場合、聴覚が優れたりすると聞きますが、


考えるだけど、やっぱりコワイです。
視覚障害者の方のエスコートをときどきします。
「梅田は人が多くて大変でしょう?」と、尋ねましたら、
「人がいないところのほうが怖いんです」と、言われました。

そう言われればそうですね。
Commented by muu.ykm69 at 2005-11-14 22:20
 かいさん こんばんは。
 視覚障害者のエスコートとは 素晴らしいです!
 見えないって怖いですよね。
 仕事で 眼底写真を暗室で 撮るんですが 本当に 真っ暗にしちゃうと
 私の方が 暗順応が悪くって 見えないときがあって ちょっと
 ドキドキします。
 「人がいないところのほうが怖いんです・・・」なるほどです。
 そうですよね。
 眼科では いろんな患者さんと 毎日 見え方で 戦っています。
 
 話はそれますが、今 フジテレビの昼ドラ 休憩中に見るんですが・・・主人公の女の子が 盲目の役なんですよ・・・・。下手。
 全然 盲目が 伝わらない・・・。(演出が悪いのかもしれませんが。。。)
 天国の階段の チェジウの上手い演技を思い出してしまいます。
 本当に 体当たりで 泣けますもの。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by muu.ykm69 | 2005-11-13 19:47 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(2)