押尾コウタロー コンサート

 c0046316_22535822.jpg
 もう 前に行ったコンサートがいつか わからないくらい 久しぶりに コンサートに行きました。
 知る人ぞ・・・知る!!押尾コウタローさんです!!
 彼との出会いは 数年前のNHK教育テレビで 放送された トップランナーでした。
 ギターが めっちゃ うまい!!どしたん!この人。その上 イケメン!!
 押尾さんを初めて見た印象です。
 私は 18歳から 3年間。完全にギター少女でした。
 毎日 2~3時間は ギターを弾いていました。(病気ですね。)
 
 今日は 息子と二人で 行きました。
 田舎の特権!!!
 583席で 立ち見ありの小規模コンサート。
 前から 6列目で 見ましたよ・・・・・・。
 ギターが 本当に・・・・・・・・・・・・・上手い!!!!!!!!!
 惚れますね。両手弾き以上のテクニックですよ!!!!!!!
 会場は 大盛り上がり アンコール2回 21時半までの 大盛況でした。
 押尾さんのブログです。
 押尾さんのオフィシャルサイトです。
 韓国のアーティストのサイトのように HPのTOPで 押尾さんの音楽が 流れれば
 もっとステキなのになぁ・・・・・・。
 と思ったら ここから 2曲は聴けるみたいです。
 いやぁぁぁぁぁ・・・ステキです。
 私は 彼の HARDRAINという曲が好きです。

 
[PR]
トラックバックURL : http://muuyume.exblog.jp/tb/3078412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sizue1020 at 2005-11-17 00:21
本物のギター少女だったんですね、楽器を弾ける人を尊敬しています。
昔 高校生の頃仲良しの友人と何故かギターを弾こうと決心して、御茶ノ水でアコースティックギターの安いのを買いまして・・今でも憶えてるんです、練馬区要町の大学生の家に習いに行ったんです。一応 先生が少し教えてくれて そのうち 先生の独奏になって、あまりの静かさに心配した先生のお母さんが一緒に聞くようになって、「禁じられた遊び」を目の前で聴いたとき 友達と二人で泣き出してしまって・・・今 オアシスを聴きながやるせないような若き日々を思い起こしました。
Commented by muu.ykm69 at 2005-11-17 11:26
 昨夜のコンサート 良かったです。
 押尾さんが 37歳というところが また 微妙に いろっぽくて よかったです。
 私も ギターにまつわる 思い出(重いで)は いっぱい。
 いいなぁ・・・・あんなにステキに弾けて・・・・。
 ただただ その思いでいっぱい。
Commented by kei at 2005-11-19 10:04 x
ヽ(^◇^*)/ ワーイ 押尾さんだー

むうさん、前から6列でかぶりつきですかー。
いいなぁ〜〜うらやましい。。。
ステージから下へも降りて来て下さいました?

ピアノの生徒のお父さんが、押尾さんのCDやらDVDをいっぱい貸して下さって見ていたら、テクニックはもちろんの事、トークが面白いですね。さすが、関西系。(笑)

しかし、むうさんギター病だったとは!!(*^m^*)

昨日はMステにデパペペが出ていましたね。
彼等は、やっぱりわか〜いって感じ。(*^^*)
Commented by むう at 2005-11-19 11:06 x
 keiさん!!コメント ありがとうございます。
 押尾さんは 大阪人。前に トップランナーで見たとおりの演出。一人バンド紹介やドラえもん サザエさんもやってくれました。ウルトラマンもだったっけ。もちろん ステージから降りてきました。悲しいことに 私の近くには 来なかったんだけど・・・。(それだけが 心残り。)
 とにかく 上手くて 一人で あれだけの音をいっぺんにどうやって だしてるのか 本当に不思議です。影で 誰か隠れて セッションしてるんじゃないか??とか 音を重ねて流してるんじゃないか・・とうたぐるくらい。爆。

 DEPAPEPEもちろん チェックしてますよ。
 CDもあります。彼らの曲は 若くって さわやか系ですよね。
 
 やっぱ 私の年代は 押尾さんくらい 落ち着いてると安心。ボレロや コンドルは飛んでいくもあったんですが・・・・。ボレロは 素晴らしかった!涙 出そうでしたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by muu.ykm69 | 2005-11-16 23:06 | 日々のつぶやき | Trackback | Comments(4)

2017年も 目指せ断捨離!! 日々の出来事と好きなドラマや映画のことを 書いています


by むう
カレンダー