カテゴリ:韓国旅行 2006( 12 )

 そうこうしているうちにまた ソウルに戻ってきました。
 もう12時過ぎなんですよね・・・・。ということで お昼ごはんを食べに行くことに。
 ジャージャー麺です!!!(けど 私 もう おなか結構いっぱいなんですよ。ちぢみ、オデン、トッポキ、焼き芋食べましたからね)
 チさんの知ってるお店かなあ?もちろん 中華料理店なんです。
 c0046316_9203192.jpgc0046316_9204855.jpgc0046316_9213346.jpg










 
 なぜか ここの付け出しは キムチではなく 沢庵でした!!!俄然よろめきだった ぬかづけ大好きのBさん。ぽくぽく音をさせて食べてましたよ。(あ~ 懐かしい日本の味)
 そそそして 憧れのジャージャー麺。一口食べた感想・・・・。
 味が 私の頭の中で 想像していた味と違ってました。見た目もちょっと違ってました。(え!これが ジャージャー麺??でした 苦笑)味は 思ったよりも 甘いです。(甘いんです。辛くないです。全然。その辺が 韓国料理じゃなくて 中華料理ってとこですか??)麺は 太めで しこしこ。美味しいです。あ~ 空腹だったら良かったのに。(苦笑)私のおなかは 破裂寸前!!
c0046316_922343.jpgc0046316_9222582.jpg











 でも チさんに無理やり連れて行ってもらったので 申し訳ないから 必死でおなかに収めました。(^0^)マッシソヨ~~!!テレビでは NHKのど自慢とクリソツの のど自慢番組が放送されてました。時間帯も全く一緒。笑 なぜか スイカを食べてるおじさんが 出たりしてましたが・・・。
 Bさんの感想「チさん 私 この旅行で これが 一番美味しかったです!!」
 (韓国料理を数々食べて そのあげく 中華料理のジャージャー麺が一番美味しかった!というのは チさんに対して どうなんだろう???ですが。ちょっと ドキドキしましたけど)
 とにかく 私は ジャージャー麺を食べれたので 大満足です!!チさん ありがとうございました。今度食べるときは 空腹の時にしたいです。
 食べ終えたのが 13時前。他のツアーの人と合流するまでにあと 1時間しかありません。チさんが 少ししか時間ないけど 仁寺洞に行ってみる??と。
 仁寺洞は とっても素敵なところでした。Bさんいわく 「ここに もっと早く連れてきてくれたらよかったのに・・・」
 この日は 日曜だったので 歩行者天国だったし 広い道路の両脇に 韓国の古道具屋さんや トック(餅菓子)やさんや 民族衣装のお店があって 屋台でチョコットしたものを買いながら 食べ歩きには ぴったりのところでした。(次回 是非 ゆっくり来たいものです。)
 そこで 食べたもの。(ジャージャー麺で 満腹といいながら また 食べました。)
 c0046316_9404968.jpgc0046316_9411966.jpgc0046316_9414433.jpg













 この小さなホットケーキみないなの中には 粒あんが入っていて 一口サイズで 暖かくて甘くて美味しかったです。8個入りで1000ウォンでした。隣は カイコを煮てた 炒ってたのかなぁ??日韓友情コンサートで 平原綾香さんが 屋台で食べていたのと同じ感じ??小さい子供が食べてました。さすがに 食べる勇気が出てきませんでしたね。お財布の中の残りのウォンもほんのわずかになり 本当は トックのお店で 餅菓子を買いたかったんです・・・・が 我慢しました。「MISA」で ムヒョクの姉が売っていたような김밤のお店もあり 喉から手が出るほど これも 食べたかったですが 我慢しました。だいたい1巻きが 1000ウォンでした。(次回の宿題ですね)ここの屋台で チさんが 日本でいうと カルメン焼きみたいなのも買ってくれました。甘くて香ばしい味でした。
 仁寺洞のお終いあたりに 人だかりが出来ていて なんか 農産品市?でも やっているのか??って いう雰囲気。チさんは どんどん中に入っていきます。ちょっとした ステージのようなものがあって そこで 司会者がマイクを持って 素人ばかり集まって ゲームのようなことをやってました。私たちには チンプンカンプンなんですが とにかく チさんについていくだけなので・・・。人々の年齢層は やや高め。黒や灰色の洋服をした 田舎風の人たちが ほとんど。テントの下では お米や穀物を主に売っていました。その一番端っこで めっちゃでっかい鉄のお釜で 炊き出しのようなことをしてました。この釜 かなりでかくて フタも鉄なんですが 人間の力では とても持ち上がらないので クレーンでつりあげる代物です。そこに 人が並んでました。見て見ぬふりで 炊き出しの様子を見ていたら その中のアガシの一人が チさんに声をかけました。それに答えるチさん。そして チさんが 列の後ろに 並びました。「食べてみる??」そういわれると 食べてみたくなります。めったにそういう機会がないですから。笑(しかし 並んでても なんだか 場違いな感じです。他に並んでる人たちは ちょっと ホームレスっぽい人が多い しかも アジョシーまたは ハラボジ風の年代の人が多し・・・・・・。笑)
 
c0046316_1021648.jpg

 プラスティックの使い捨てのお椀を持って 中に 具とお汁を入れてもらって 最後に ねぎ、薄焼き玉子焼きの千切りと味付け海苔を入れてくれます。それを 持って 道端で 食べました~~~~。おつゆの味は 塩ベースの薄味で かまぼこ風の白く輪切りにされた物体を入れていて それが 何か 実に知りたかったんですが これが お米の粉から作ったお餅(トッポキのお餅と同じ)でした。う~ん、マッシソヨ!!!(あまりにも 満腹で 私とA子で 半分子して いただきました。)
 あとで チさんに聞くと この人垣は 農村の米普及運動だそうで 年末かな?韓国の農村で お米の輸入?自由化?に関して 死者の出る騒動があり お米をもっと食べてください!!という 普及キャンペーンをしていたそうです。チさんいわく こんなところに連れてきたり 食べたりする ガイドは 私くらいだよ!!でした。食べてる私たちも笑ってたし それを見てる並んでる人たちも 私たちをみて 笑っていたような気がします。(物好きな 観光客だと・・・)でも テントの中の アガシに 「マッシソヨ~!」というと このアガシも ニコニコしてくれましたよ。サバイバーな気分で とっても 楽しかったです。(チさん コマウォヨ!)

 ここで 私たちのチャングムツアーは終了。バスに戻り 他のツアー客と合流。
 仁川空港に向う前に 最後の砦 キムチやさんに 連れて行かれました。(あはは)
 
c0046316_10125380.jpg


 
 ツアー客 ひとまとめにされて キムチやさんのアジュマのお話が始まります。これは 王様のキムチ。これが 家庭のキムチ。明太子のキムチ etc。韓国をツアーで いかれた方なら 必ずどっかのキムチやさんに 行かれるでしょうね。。。そして このような 説明を受けるのでしょうね。A子と キムチキライのはずのBさんは でかい袋いっぱいキムチを買いました。
 私は 重いのがイヤなので 1つも買いませんでした。(実に 横着者です)せめて 韓国海苔くらい 買わなきゃと思い 2袋購入。買いそびれた 友人へのおみやげ物を買い足したりしました。
 空港についたのは 16時前。手荷物を預けき チさんとの お別れになりました。ツアーのメンバーは 14人でしたが 私たち4人が最後に お別れしました。別れ際 チさんが 手を出してきて 握手しましょう~と言ってくれました。(4人にだけ)一人ずつ握手しました。「松山に行った時は コーヒーを奢ってよぉ」とチさん。私は 「どうもありがとうございました。チさん 私は 韓国大好きです。」と 言うのが やっとでした。 
 こうやって 私の韓国への旅が終わりました。。。。。。。。。
 夢のような2泊3日。チさんのおかげで 思いもかけない楽しい旅行になりました。感謝しています。 
 また 家族にゴマをすって 次は 3泊4日の韓国旅行に 是非行きたいと思います。
                     
 もう 旅行から戻って 10日近くたってしまいました。早く 書かないと鮮明な記憶がなくなる・・・と思いながらも なかなか 書けず。ここまで 読んでくださって ありがとうございます。
[PR]
by muu.ykm69 | 2006-02-01 10:25 | 韓国旅行 2006 | Trackback | Comments(12)
 MBC楊州文化村(大長今テーマパーク)から ソウルに戻る途中 チさんと イロイロ話しました。
 そうそう 2月にサンウ、3月にイヨンエさんのファンミが韓国でありますよね。その話から 波及。私が 
 「本当にイヨンエさんに会えるんですか?」なんて バカな質問をするものだから
 「会えるょぉ~~」と言われ 実は 以前のカンドンウォンさんのファンミとクォンサンウの通訳をされたという話になり(俄然 よろめきたつ私!)
 ※気になる人だけ どうぞ・・・。


 チさんは
 「日本のお客さんは 本当に可愛いよ。ディナーショーがあるんだけど 日本から来たお客さんは 自分の出来る限りのおしゃれをして ヒャ-ヒャー言って よろめきたって 着飾ってるの。それが 私には とっても可愛く思えるの。みんな 私は 大好き。」と。
 そこで またまた 私の頭をよぎったことが・・・。去年の11月 韓国で行われたジソプのBDファンミで 日本のファンだけが JISUBにハグをねだり とってもヒンシュクしてしまった・・・という事件。その事を 聞いてしまった。すると チさんは
 「日本のファンは とってもマナーがいいよ。全然 気にすることない。マナーが悪いのは 韓国人だよ。」と。
 ドンウォンのファンミで 日本からのファンの中で 一人選ばれて 彼にプレゼントをしたり 質問する人を決めて あらかじめ段取りしてたのに 実際 ドンウォンに会った途端 彼女は 超 舞い上がってしまって わぁわぁわぁわぁって なっちゃって もう質問どころか しどろもどろ それこそ ハグしにいっちゃいそう!!だったそう。しかし チさんは その気持ちは充分わかるし それでもOK!と言ってました。ドンウォンについて 私が 質問。
 「頭 めっちゃ小さいですよねぇ・・・・」
 「小さいよ!頭だけじゃないよ。手もこんなに細いょぉ。足も体も細い。彼は モデル出身だからね。でも まだまだ 子供。いろんなことを質問されても 話を膨らますことが出来ず すぐ話が終わってしまう。終わると ぷいっとよそ向いてる感じ。自分の出番じゃないと 楽屋裏を見てたり・・・笑。それに比べると サンウは 日本にはいつ行きましたか?と 聞いても あの日あの時 どこそこにいて 何をした・・・。と 話を膨らませることが出来て その点 やっぱり ドンウォンとは違うね。。。」風に話してました。どうやら サンウは 喋り方が 舌っ足らずなのだそうです。そして 天国の階段については チェジウも舌っ足らず女優らしく 舌っ足らず同士の共演ということで 皆 注目していたらしいです。ふ~ん。
 そうそう 思い出しました。朝の韓定食のお店のオーナーが 芸能人通らしく いろんな芸能人との2ショット写真を見せてもらいました。その中で 印象的だったのが やはり チョン・ウソンです。いい男でしたわ。
 あと 歌手の話も少し聞きました。韓国で人気NO.1の歌手は やはり RAINだそうです。韓国では 歌だけでは なかなか 人気者にはなれないらしく 俳優としても頑張っているRAINが ダントツですね。(CDショップでも チさんでも 私が비と言った時に 一瞬??表情で RAINというと 伝わったのは 私の비という発音が変だったからかなぁ・・・と 今になって思います。)BOAちゃんも頑張ってますが やはり 日本と韓国の行き来が多すぎて 韓国での活動が少ないそうです。そして 日本で 大人気のユンソナさんは 韓国で ブレイクする前に 日本に来てしまったので 韓国では知る人が少ないそうです。私は ユンソナさんは 日本語がすごく上手ですよ。と言っても ふ~~~んって 反応でした。そっかぁぁぁぁ。

 日本も韓国も農村では 嫁不足は 同じで フィリピンや中国から お嫁さんをもらうことがあるそうです。チさんいわく ご先祖様のため・・・とかいって 海外から来たお嫁さんをもらって それで 韓国の血が 続く・・・という考え方は 変じゃないの??と言ってました。(まさしく)
 もしかすると 韓国のほうが 日本より 家長制度が まだ 残っていているらしく 長男が家を継ぐ!というのは 当然のことのようです。そして 日本と同じく 長男の嫁にはなりたくない韓国の女性が多いそうです。なるほど・・・・。でも 最近は お姑さんの考え方が 変わってきて 息子夫婦とは暮らしたくない・・・と言う人が多くなってきてるとか。(どうして 独身じゃダメなの・・と 独身のチさん 吠える)
 テーマパークに行く途中 韓国のお墓が見えました。ドラマや映画で 頭の中に蘇るお墓参りの数々のシーン。日本のように墓石がなく 山のように盛り土してあります。思わず 聞いてしまいました・・・・。(私は どうしてなぜ??を連発する3歳児のようだったかも???)韓国は 遺体は土葬ですか??と。儒教の国なので 火葬するという風習はないそうです。土葬が基本だそうです。そこで また 疑問が・・・・。
 「土葬・・・だと お墓が大きくなるんじゃないんですか??」
 ハイ。大きくなるそうです。(私の想像では 土葬=1体ずつ埋葬=土地がいっぱい必要!だったんです。が 考えてみると 土葬でも 重ねて?埋葬しますよね。)ソウルは 土地が少ないので その辺から 最近は 火葬もされるようになったそうです。政府で 墓地の広さの規制がされたりしたので・・・コインロッカー風の納骨所もあるそうです。

 あぁぁ あと1日韓国にいれば もっと チさんにいろいろ聞くことができたのになぁァァって 感じです。
 
[PR]
by muu.ykm69 | 2006-02-01 09:16 | 韓国旅行 2006 | Trackback | Comments(6)
 6時起床、身支度荷物を整えて 7時50分にホテルをチェックアウトして チさんと 合流。
 14時に他のツアーのメンバーを迎えに行くまでは 私たち4人が マイクロバスを独占です!(贅沢ですね・・・・)
 まず 朝食を食べに行くことに・・・・。無理やり私は 昨日 チさんに ジャージャー麺をお願いしてしまったので 本当は 昼食になるメニューが 朝食に・・・・。
 昨日 紫水晶のおみやげ物を買いに行った後に石焼ビビンバを食べたお店のお向かい。
 なにやら 怪しげな店・・・・。
c0046316_22291385.jpg
 


 中は 普通、笑。でも 外は ちょっとあばらや風でした。
 
c0046316_22301485.jpg
c0046316_22333460.jpg

 これ 4人分なんですよ。鶉の卵の煮物が 4個あるでしょ。これに いつものご飯と 蒸し卵というのが 追加。いっぱい食べるものが ありそうで 実は そうない。笑
 A子は 今朝は 絶不調らしく 頭が痛くて 食事が食べられない・・・というし。
 日本の漬物好きのBさんは そろそろ キムチに飽きてきた様子。麦だっけ??かなんかの 高い煎じ茶を出してもらったんですけど ちょっとぬるめ??そのせいか 匂いがやけに気になって・・・・。ついに 言っちゃいました。Bさん。チさんのいないところで 小声で。このお茶 雑巾の匂いがすると・・・・(スミマセン 強烈な感想で・・・・)しかし 私も どうしても飲む気もちになれないお茶でした。そこで 本当に申し訳ないんだけど チさんにお願いして お水をいただきました。そんなこんなで なかなか食事が減らず Bさんと 私で 無理やり食べました。だって たくさん残してしまうと お店の人にも 連れて行ってくれた チさんにも申し訳ないでしょ。
 ちょっと こういう民家風のお手洗いも見学を兼ねて 使用してみました。(怖くなくてよかった・・・意味不明)
 食事を終えて これから チャングムのロケ現場のある場所まで車で約1時間です。
 退屈だろうと思ってか チさんが チャングムの韓国版DVDを用意してくれていました。私は 全話見終えているんですが 日本では 先週末放送になった 味覚障害や鯨の肉の料理の場面でした。私は DVDを見たり 窓の外のソウル郊外の風景をビデオに録画したりしていました。すると A子が あることに気づきました。昨日出かけた 高級住宅街の江南でもそうだったのですが 韓国のマンションには ベランダがないのです。日本であれば ベランダに 洗濯物が干してあったり 布団が干してあるんですが どうも韓国のベランダには 窓があるようです。温室とか サンルーム風のようです。チさんに伺うと 「韓国のマンションには ベランダがないよ。窓があって そこに洗濯物は干すよ。」と言ってました。ハングル語講座2月号のワッタガッタ・ソウルにも書かれてましたね。
 そこで 韓ドラを見ていて 前から気になっていたことを聞いてみました。韓国では 今でも 大きな洗濯桶で 足で踏みながら洗濯するのかどうか???とっても 気になってたんですよ。チさんいわく 今でもやってるそうです。特に シーツや布団などの大きな洗濯物。息子がいれば 息子を呼んで外で 洗った方が きれいに洗えるよ!!とのことでした。
 足踏み洗濯といえば フルハウス、屋根ネコ、サムスンで 見たでしょ。あれ ホントだそうです。笑
 そうこうしている間に MBCのチャングムロケ現場に到着しました。
 
c0046316_2250510.jpg

 c0046316_22512023.jpgc0046316_22515087.jpg
c0046316_22522497.jpg




c0046316_2253638.jpgc0046316_22533841.jpgc0046316_2254955.jpg 
 

 






 ここは めっちゃ 寒かったです。地面は凍ってるし 小川は 完全に 凍ってしまってました。吐く息は白いし。チャングムは 日本よりも中国やフィリピンの方が 先に人気が出たらしく そちらからの訪問者もたくさんいました。
 
c0046316_2325343.jpg

 このような 記念写真も撮ってもらいましたし(寒そうでしょう) チャングムが幽閉された牢に入ったり、チャングム母の埋めたお酢のところで写真を撮ったりしました。各場所場所で どんな撮影をしました・・・風に 場面の写真が飾ってあったり ドラマの音楽が流れていたり それはそれで とても楽しかったです。思ったよりも ずっと狭い場所なのですが 写真やビデオに録画すると 広く写るので 不思議です。
 ここでも感動しましたが 日本に帰り チャングムを見たとき あらためて あそこで 撮ってたのね!!と 感動でした。
 
 約1時間弱で セットを見て回り 最後に ミンジョンホ風の格好をしたお兄さんが トックおじさんのセットの近くで 濁酒をふるまってくれました。(無料です)味は 日本の甘酒&白酒風で 甘くて美味しかったです。そこから 少し下ったところに 6角形風のテントがあって そこで チャングム風の衣装の二人のお姉さんが ちぢみを焼いていました。(ここも無料)日本のカセットコンロみたいなヤツの上に フライパンを置いて ニラ&たまねぎ&青唐辛子?風の野菜を入れた シンプルなチヂミです。それを 爪楊枝で分けっ子して 醤油?風なのに付けて 食べるんです。チさんが 食べよ!食べよ!と ジャンジャン私たちを誘導してくれます。外が あまりにも寒いので とってもあったまって 美味しかったです。 
 それを食べて 車に乗るところだったのですが チさんが 寒いから オデンを食べよう!と言い出しました。セットの入り口近くに テントが張ってあって 屋台風のオデンが売ってたんですよ。チさんが どんどんテントの中に入って行って 私たちは 日本で言うと 平天を薄く伸ばして クルクル串に巻いたようなオデンを買いました。1本1000ウォンだったような。紙コップにスープを入れてくれて それにオデンを差し込んでくれます。テントの中は テーブルがあって ストーブの上には 焼き芋。私たち5人は 顔をつき合わせて 美味しいねぇ・・・と言いながら オデンを食べ チさんが 交渉してくれて 焼き芋もご馳走になりました。オデンは 日本の物とは ちょっと違った感じ。でも 美味しいです。そして 紙コップの中のスープは 日本のオデンのだしとは 違っていて どちらかというと ラーメンのスープのようでしたよ。とっても 美味しかったです。そうだ!ここで トッポキも一個ずつ食べました。あ~ 私は トッポキが大好きになってしいまいましたぁぁぁ。
 屋台を出る時に 私は 「チャルモッコスムニダ~」と 大きな声でいいました。(段々 慣れてきて マッシソヨ~とか 気軽に言えるようになってきたのです。)なんだか 私が ハングルで 挨拶したことに 屋台のアジュマが とってもうれしそうに驚いていて 私も嬉しかったです。
 
                                  昼ごはんへ続く・・・・・
[PR]
by muu.ykm69 | 2006-01-31 23:31 | 韓国旅行 2006 | Trackback | Comments(4)
 仁川空港で入国手続きをしているとき テレビでCMが 流れていました。
 エリックと誰かわかんないキレイでダンスの上手い女性と(知っている人 誰か 教えてください。イ・ヒョリさんですか??前に サンウと一緒に写真撮影をしていた女性)とサンウの3人で出ていたCMです。携帯電話のCMみたいなんですけど ネットで見たことがあったんです。ちょっと 長いですが 見てみますか???
 音楽も映像もおしゃれで 素敵なMVですよ。

MV

 ところで エリックさんの怪我は 順調に回復しているのでしょうか?
 私が ちょうど 韓国滞在中に起こった事故でしたが 全く全然知りませんでした。
 韓国ドラマ、映画も かなり ハードな撮影のようですから とにかく出演している俳優さんの安全第一で 撮影してもらいたいなぁと思いました。
 
[PR]
by muu.ykm69 | 2006-01-31 22:14 | 韓国旅行 2006 | Trackback | Comments(0)
 私の今回の韓国旅行の1番の目的は この冬ソナ半日ツアーでした。
 日本から ネットで 事前に KONESTのツアーに申し込みました。
 ホントに ツアーの人が ちゃんと迎えに来てくれるのか???不安でした。15時に ホテルで待ち合わせだったんですよね。ホテルの正面で どの車で来るんだろう??状態で 待っていました。前日に ちゃんと チさんにお願いして KONSETに電話して確認してもらったんし・・・。
 が、5分過ぎても それらしき車が 来ないので ちょっぴり心配になったところで ホテルの中から 女性が・・・。「むうさんですか??」と。「ハイ」 どうやら ホテルのロビーで 待ち合わせ・・・ということになってたらしいです。あははははは。
 とにかく会えて 良かったです。日本で 事前に申し込んだときは 私たち4名以外にも 混在のツアーと聞いていたんですが なぜか 私たち4人だけでした。(日本で 交渉したときは 4人だけ専用で回ると 費用が 40%くらいUPだったんですよ。だから 混在をお願いしたのです。だから ちょっと 得した気分。ただし そんなことを知っているのは 交渉した私だけですが・・・・。)



 8人乗りの黒のワゴン車に 運転手さん ガイドさん 私たち4人が乗って 出発しました。
 まずは 冬のソナタ 16話でしたっけ??教会で ミニョンが ユジンにプロポーズするシーンがありますよね。その教会に 行きました。
 
c0046316_1891957.jpg

 ここには ボランティアで ドラマの場面とあわせて ガイドしてくれるおばあちゃんがいて。さぁ ここで 写真。次は ここで 写真。と 次々 案内してくれました。(もち 日本語で・・・・)まぁ はっきり言えば 私の中では 冬のソナタは 特別な位置を占めていますが 過去の産物なのですが・・・・。
 そして 一応 写真を撮り終えて 外に出ようとすると おばあちゃんに呼び止められたんですよ。寄付を求められました。韓国の貧しい人々に・・・って。寄付って 自分の気持ちで するじゃないですか?!なのに 冬のソナタの教会で撮影されたドラマの場面を 1枚のシートに加工した ペラペラな下敷きもどきを 5千ウォンで 買わされました。私たち4人の前に 立ちはだかり 財布から お金を出すまでは 離れないよ!!って いう感じで 本当は あ~いう形では 寄付は したくなかったです。ちょっと これに関しては 実に 残念でした。
 お気持ちだけ 入れてもらえませんか???って 募金箱を出していただいた方が 私としては よかったな・・・・・・。そんな甘いことでは 寄付は 集まらないんでしょうか??
 同行者のA子は カトリック信者なので 「教会で こんなことするのぉ???」状態でした。
 
 次は ミニョンSSIが 勤めていた 事務所マルシアンです。
 
c0046316_18221488.jpg
c0046316_18224896.jpg

 ドラマと全く 一緒でした!!階段を上がることも出来ました。本当に ここで 撮影したのねぇ・・・と この場所は 感慨深かったですね。マルシアンの道路を挟んで 向かいの壁には ユジンとミニョンの大きなポスター?が 飾られてます。すごいです。
 
 この冬ソナ半日ツアーの目玉!(と 私が勝手に思っている)は 江南にあるペヨンジュンの事務所BOFで 彼の私物の展示品とかが見れる!で この予約の時間が 16時半ということで 次は そちらに・・・・・。江南は ソウルより 新しい都市だそうで 芸能人もお忍びで夜中に 買い物に来たり 食事をしに来たりする街だそうです。そのせいか 物価が 高くて コーヒー1杯が 1万ウォン以上だったりするそうで・・・・。私たちが見ると 賃貸マンション??って 思えるようなマンションが(そう豪華に見えない)日本円で 6千万円だったり!!(@-@)とにかく 土地が高いそうです。へぇぇぇぇぇ!!
 そうそう KONESTツアーのガイドさんは 20代後半か 30歳くらいの 女性ガイドさんで 私が 名前を聞いたんですが(名乗られなかったので。)なんと 名前を聞いて 驚きました。
 「イ・ウンジュと言います」と言ったから。思わず
 「え~~ あの イウンジュさんと同じですか??」と聞きなおしました。(もちろん そんな事を知っているのは 私だけです。)
 「ハイ。去年 亡くなった イウンジュさんと同じです。韓国では ウンジュという名前は 多いです。」
 そっかぁぁぁ。妙に関心する私。車の中では イさんは 助手席に座っているし 私は最後尾なので 実に 会話しにくくて 残念でしたね。
 
 そんなことんなで BOFに到着。外に 二人見終えた人がいましたが 事務所の中は 他の人はいませんでした。
 
c0046316_18393810.jpg
 
 四月の雪の時に ヨンジュンSSIが 映画の中で乗っていた四駆。
 c0046316_18404942.jpg
 内部は 撮影禁止なんです。ファンには たまらない展示だと思います。
 さて・・・・今回の私の旅行の目的は ここだったんです。ペヨンジュンSSIは 好きです。でも 今は JISUBが 好きなんです。そして そのJISUBが 昨年末 同じ事務所BOFに移籍したんです。それで もしかしたら JISUBの展示物も ほんのわずかでもあるんじゃないか??グッズでもあるんじゃないか??ドラマのスチールでも あるんじゃないか???という 1mmの期待を持って ここに来たんです。が・・・・・・残念ながら JISUB関連のものは 1つもありませんでした。Bさんには 「むうさん ここに来たかったんでしょ。」と突っ込まれてしまいましたが 「ハイ。でも 目的のものは ありませんでした・・・・・」としか 答えられなかったです。残念でした。それでも まだ 納得のいきがたい私は 事務所のお姉さん??に「あの JISUBさんの物の展示とかは 兵役中だから 無理なんですか??」風に 聞いてしまいました。彼女は たぶん 日本語OKだと思うんですが 「そうですね。」って 答えました。ホントかなぁ????超ガッカリだったんですが でも 冬ソナのミニョンさんの衣装や 四月の雪の衣装。彼の普段着の展示。メガネの展示。書き込みのある台本の展示もあり これはこれで なかなか 良かったです。ここの見学自体は 無料なんですよ。その事務所のナナメ隣といってもいいところに 喫茶店があって 以前は ペヨンジュンSSIが そこに良く訪れていたそうです・・・と 言ってました。(イさんが)
 そして BOFと道を挟んでお迎えに さきほどの 冬ソナと同じくらいのポスター 垂れ幕??が あって 私は ナンだろ??って 思ってたんですが イさんが 「これは 今 SBSで 放送しているドラマなんですよ。この近くで ロケしたんですよ。ドラマは コケテますけど。。」と。私が 「コ・ス???ですか??」と イさんに言うと イさんは とっても驚いて
 「どうして 知ってますか????」と聞いてきました。「私は 韓国ドラマが すごく好きなんですよ」とお返事しました。イさんは 韓国ドラマが日本の一部のマニアに(苦笑)すごく 人気がある事を知らなかったのかなぁ??
 
c0046316_18553754.jpg

 これが BOFの正面ですね。あとで イさんに 「実は 私は ソ・ジソプのファンで ジソプが昨年 ペヨンジュンと同じBOFに移籍したので もしかしたら 彼の展示物があるかも??と思って BOFに来たのです。」と話したんですが イさんは 「それは 絶対にありえません。同じ事務所でも 別のタレントのものを 一緒に展示すると言うことは ありえません。。。」と言われました。そうなんだぁぁぁぁぁぁぁ。
 すぐ近くに ユジンの事務所 ポラリスがありました。
 c0046316_2115143.jpgc0046316_21191596.jpg 
 
 ポラリスに関しては ユジンが テープを聴いて ミニョン=チュンサンだと気づき 追いかけていく場面を思い出します。今は 居酒屋さんだそうです。

 冬ソナツアーの残り 中央高校、ユジンの家が ちょっと方角的に違うところにあるので とりあえず 早めなんですが(17時頃だったかしら??)夕食を食べることに。(これも ツアー内に含まれています。)ここは お肉がとても有名なところなんだそうですが お高いので 私たちは 牛肉と牛骨の煮込みスープとご飯とキムチを食べることになりました。汗 じつは この料理・・・朝の シンソルロンタンで食べた ソルロンタンと 同じなんです。違うといえば 朝のは 薄切りの牛肉しか入ってなくて ここのは 牛のブロック煮込み・・・って ことと 味が 少し違うってことくらい。もちろん イさんには 言えません。イさんは キムチ鍋みたいなの食べてました・・・・・。このお店は 有名なお店だそうで 芸能人が いっぱい来店してて たとえば 日本では アムロちゃんとか 久本ちゃんとか 黒柳さんとか・・・。韓国では やはりこの人が目を引きました。
 c0046316_21205858.jpg
c0046316_2121261.jpg
 日本でも良く見かけるような感じで 壁に いっぱいタレントと社長の写真とサインが 貼ってありました。夜中に お忍びで 芸能人がよく来るお店だそうです。ふ~ん。
 
 



 食事を終えて 次は ユジンの実家と 中央高校です。
 だんだん 日が暮れてきました。真っ暗になりそうで 不安です。
 そして その不安的中。
 
c0046316_19172391.jpg


 ユジンの実家の階段から ソウルを写したところです。あ~暗い。
 ユジンの実家の階段は 結構思い入れがあります。1話で チュンサンが ユジンを家の前まで送っていきますし チュンサン=ミニョンの時に ユジンを抱きしめる場所でもあります。ユジンの家に入る階段は 1段の幅が狭い階段で 背の高い二人の足は きっと 25cm以上あると思われ 足を横に向けながらじゃないと 上がれないのでは??でした。
 ここは 以前 有料で家の中も公開していたらしいのですが この家を借りていた人が 借主に内緒で 入場料をとっていたらしく 今は 裁判になっているのだそうです。その人が 中央高校の右斜め前のタレントショップみたいなのをやっているそうです。(すごいローカルな話。イさん+チさん情報)
 ユジンの実家と 中央高校は 歩いて 少しのところにあります。しかし 民家の多い場所で かなり狭い道を車で 登ります。そう、かなり 高台で 坂です。もし 12月の雪の多い時に来ていたら 絶対 こけてます。
 中央高校は ドラマと同じく 正門のところに 坂があります。ユジンは 走ってましたが よく転がらなかったな。。。と思うほどです。放送室や、体育館、運動場、水のみ場など 見ましたが ほとんど 真っ暗でした。真っ暗でも 必死で案内してくれるイさん。(仕事だもんね)苦笑。もし 明るい時に来たら 気持ちのいいところだったろうな・・・と 思いました。中央高校は 元男子校だったそうです。大きい学校なんですよ。今は 改修工事中です。普段は 中に入れない場合もあるそうなんですが 今は ちょうど 韓国の高校は 冬休みということで ラッキーなことに 全部見れた、回れたんですよ。暗かったけど。笑。とっても 寒かったです。
 チュンサンとユジンが 高校の水飲み場で 話す場面がありますけど あの水のみ場 ショボかったです。笑

 さぁ 真っ暗になってきました。いよいよラスト ホテルのロビーです。チェリンとユジンが 同じドレスで鉢合わせするあのホテルです。ホテルの前から ちょうど ルミナリエが見えます。
 
c0046316_21364871.jpg

 イさんに連れられて 夕方の込み合うホテルに入りました。そして ユジンが 自分の姿を見たロビーの鏡の前で 記念写真を撮りました。(恥ずかしかった・・・・)
 イさんとも いろいろお話しましたが、韓国で 一番人気のある俳優さんの事を聞きました。韓国では やはり ドラマに左右されるようで 50%の視聴率を超えた キムサムスンの人気俳優ヒョンビンとキムソナさんが 今は 一番人気があるそうです。あと ハングルに関しては あまりにも 寒かったので 私が 寒いは チュオヨ??ですか?とたずねたら 直してくれました。そして 発音が難しいでしょう???と 言われました。(まだまだ 発音なんて レベルじゃないんですよねえ)あと 日本の高齢化や少子化のことを話すと 韓国も同じです。と 言われてました。 
 一応 20時までの予定のツアーですが 何せ 中央高校が暗かったので 早めに終わりました。ホテルに戻ったのが 19時過ぎだったでしょうか???
 足も痛いし 寒かったのですが ホテルに戻ってから 私とA子は 夜の明洞探検に出かけました。明洞のお土産を買うのは 今夜しかなかったからです。(A子は かなり疲れているようでしたが 付き合ってくれました。)
 ホテル前から アヴァタに向って歩くと 化粧品店が2軒あるというのは 朝 チェック済み。実は 次女のお土産として欲しい マニュキュアがあったんです。
 
c0046316_21492356.jpg

 これ 可愛いでしょぉ。1つが 1千ウォンなんですよ。これを 10色買ってくる。と約束してしまったので・・・探したんです。(A子は 嫌がってました。笑)化粧品店といっても 明洞には 似たような別の種類のお店が いっぱいあって笑。なかなか MISSYAが 見つからなくて・・・・汗。Boday shop や The face shopや 似たり寄ったりのお店に次々入りました。露天のお店で JISUBのキーホルダーや今日出たというパッチもんの写真集を買ったり・・・・・・・・。そして・・・・・・・・また 迷子になりました。私が こっちに行ってみよう!!って 変なトコに連れて行ったから。(屋台の食べ物やさんがありました。)迷っちゃって あ!!ABCマートがあるから ここの上がホテルだよ!!って 行ってみたら 全然別の場所にあった 同じABCマートだったりして 苦笑。A子は ぐんぐん歩いていくし 私は立ち止まって 地図とにらめっこ。夜は 余計に地図がわかりずらい。でも なんとか 現在位置を確認!!(もうちょっとで A子と喧嘩になりそうだった・・・・・)最初の目標のダンキンドーナツとトッポキと芋ケンピみたいなのを買って また コンビニに寄って 22時にホテルに戻りましたあ。
 c0046316_2158135.jpgc0046316_2158411.jpgc0046316_221335.jpg









 
c0046316_2222412.jpg
 
 

 
 私は よく歩いたせいか おなかが空いて 空いて・・・いや・・・甘いものが食べたかったのかなぁ??ダンキンドーナツ トッポキ 芋ケンピを買い、Bさんは ホテルの売店であるものを買って 梨をもらった(笑)ので その梨も切って さらに 銀杏の炒ったものものなど ベットの上に 広げて 4人で 晩餐会をしました。明朝は 8時出発だから 荷造りもしなきゃ!!
 せっせと食べて お風呂に入って 就寝は 24時でしたぁぁぁ。
                     明日のチャングムツアーに続く・・・・・・。
[PR]
by muu.ykm69 | 2006-01-28 19:22 | 韓国旅行 2006 | Trackback | Comments(4)

ソウル旅行2日目 昼食

 なんとか ロッテ百貨店から無事 脱出でき 次は 韓国名産の紫水晶のお土産物やさんへ 連れて行かれました。
 ここの店員さん(アガシまたは アジュマ)も海千山千の人たちで 私は とても楽しく 買い物しました。ちょっと興味のあるものを見ていると あれはどう?これはどう?と いろいろ勧めてきます。あなたが 買ってくれたら 私は幸せ!とか 予算が合わなくて 渋い顔をしていると それなら ○○円にしてあげる・・・とか これを買ってくれるなら こっちも○○円にするよ。とか 5箱買ってくれたら 1箱オマケするよ・・・とか。こっちは 値切ろうとするし 向こうは なるべく買ってもらおうとするし・・・・。かけ引きが 楽しいです。これも 旅の楽しみの一つでもありますね。
 
c0046316_22574678.jpg 私は 荷物が重いのは 辛いので なるべくお土産は 最小限に軽いもの 小さいものと 最初から 考えてました。ので カボチャ飴(日本の味で 表すなら 芋飴って 感じ)です。口の中に入れると ヌガー風に柔らかくなります。素朴な味で 食べていると 子供の頃を思い出しました。これを 6箱買いました。
 買い物が済むと お昼ごはんへ。お土産物やさんのすぐ前のお店に 連れて行かれました。

 
c0046316_22595997.jpg

 メニューは 最初から決まっていて 石焼ビビンバ(돌솥비빔빕)です。キムチは 食べ放題です。日本と同じ あつあつに焼けた器が 来ました。それに コチュジャンを自分で 好きなだけ混ぜて食べます。すごくあっさりした味で 日本で私が食べている石焼ビビンバより 質素な感じ。(私が食べているのは ミンチのお肉やわらび風の歯ごたえのある野菜があって 生卵も乗っかっている。日本は 普段の食事が 贅沢かなぁ・・・と 思い始めた)
 ここの付け出し(日本風に言うと)の 根昆布とか 湯がいた白菜のごま油炒めは 私の口に 合いました。日本風でした。
 キムチの苦手な セレブなアガシナースのBさんは ぬか漬けが 大好きで、そろそろ 日本の漬物が恋しい風でした。
 無事 石焼ビビンバを完食して 今日の午前中のツアーの日程はお終い。

 一部の人は(2名のみ) チさんの案内で ロッテワールド天国の階段のツアーに参加。私たち4人は チさんと別れて 日本から予約していた KONESTで 冬ソナ半日ツアーに参加。

 ここで 明日の旅行の予定が 少し変わることに。最終日は 空港に行くまで フリータイムの予定だったのだけど B、Cさんは 日本にいたときから チャングムのツアーに行きたいと言っていて そのツアーを チさんにお願いしたのです。二人で マイクロバスを貸し切ると お高くつくので 私とA子も チャングムツアーに一緒に行こうやぁ!!と誘われました。日本から KONESTとか ソールナビとかで 予約した方が ずいぶん 安く回れると思ったんだけど お付き合い!もあるし チさんが 楽しい人だったので 信頼して OKしました。(かなり お高いので 値段は いえないです。苦笑)
 4人で チャングムに行くことに決まったので チさんが 明日の朝食と昼食を何にしようか・・・と 思案中。そこで ダメもとで 私が 一つ お願いを・・・・・。 
 「あのぉ チさん。私 韓国ドラマを見ていて どうしても食べたいものがあるんですよぉ。
 ジャージャー麺が 食べたいんです。ダメですかぁ」と 言ってみた。
 チさんは
 「ジャージャー麺!!!!!!(何でょぉ??)」って 感じ。
 他の3人は ジャージャー麺について 知らないので 私が 中華麺みたいなもののうえに 肉味噌風のあんが かかっていて それを 口にいっぱいくっつけながら 食べるんだ!と説明すると 不気味そうにしていた・・・。
 「うん、いいよ。ジャージャー麺は 子供に すごく人気。子供が 何か 他の事をしていても 大人が 「ジャージャー麺食べるよ!」と言えば みんな 集まってくるような食べ物だから。」と。どうも 連れて行ってくれるみたいです。うふふ。
 ということで 22日日曜日の予定を決めたところで ホテルに到着。
 明朝 8時に ホテルのロビーで チェックアウトした形で チさんとは 合流する約束をして バスを降りました。
 
 次の 冬ソナツアーは 15時にロビーで待ち合わせ。30分ほど時間があったので 時間を有効に使うために 昨夜 買いそびれた CDを買いに行くことに。CDショップは ホテルから 10メートルくらい 下ったところ。A子と一緒に そぉっと 店の中を覗いてみる。昨日の おっちゃんが いる。それと 無愛想そうな少女。ぼぉっと 立ってる。幸い 一人お客さんがいたので 勇気を出して 中に入った。 
 すると・・・・・。
 もう 笑えるんですけどねぇ・・・・。
 そこの おっちゃんが 私を見て
 「あなた 昨日も ここ 見てたでしょ!」って 言うんですょぉ。
 そのとおりなんで 「はい。」って 答えた私。恥ずかしかったです。
 おっちゃんは れっきとした 韓国人ですからね。笑
 いっぱい 買いたいCDは あったのですが とりあえず どうしても欲しかった キムサムスンのOST vol2と SE7ENとRAINのアルバム計3枚を買いました。
 
c0046316_23305070.jpg
 
おっちゃんに 変なこと言われたから 値切ることも オマケしてもらうことも すっかり忘れてて おっちゃんは 「今朝 東京は すごい雪ですよ。」って いうので 「私もニュース見ました。日本は 今日 センター試験といって 大学の入試なんですよ。いつも この時期は 雪になるんですよ」「え~ 韓国は もう終わりましたよ・・・」などと 世間話など してしまって・・・・・・。あんな 世間話するんだったら せめて ポスターなりでも オマケしてもらえばよかった・・・・と 後悔したのでした。
 そうこうしているうちに KONESTさんと 約束の15時が・・・・。
 早めに ホテルに戻ると B、Cさんは ホテルの売店で・・・・。なんだか 売店のおばちゃんが 足元から ブツを取り出し Bさんと 値段交渉をしているところでした。なんだか 二人とも マジで やりあってました。アガシ対アガシ!!!
 
                                   冬ソナ半日ツアーに続く・・・・。
[PR]
by muu.ykm69 | 2006-01-27 23:40 | 韓国旅行 2006 | Trackback | Comments(2)
 明洞から すぐのところに 韓国の名所のひとつである 景福宮(경복궁)があります。李王朝の創始者李成柱と言う人が 1394年に建てた王宮だそうです。様々な歴史を持った 建物のようです。
 
c0046316_110324.jpg


 
c0046316_111341.jpg

 
c0046316_1112616.jpg

 
c0046316_1124678.jpg

 とにかく 寒くて・・・・・。風も少しあったし 足先手先が ジンジンするような感じでした。
 3枚目の慶会楼の前のお堀は 凍ってるんですよ。スケートリンク状態でした。ソウルは 実は 12月の中旬頃(日本もそうでしたね)が すごく寒くて 雪が積もったり マイナス10度とかになったらしく その時に このお堀も凍ってしまって そのまま 溶けてないそうです。チさんいわく 「今日みたいな日は 気持ちがいい日なのよ。本当に寒い日は 口が凍ってしまって ガイドしようと思っても 喋れないのよ。」と。なるほど・・・・・。
 とっても色彩の美しい そして やはり 日本と似た感じのする 景福宮でした。ここの正面玄関に当たる興礼門というところで 王朝時代の衣装を着た門兵が 立っていて この日は見れなかったんですが 最終日たまたま 通りかかったとき 門兵の交代式・・・というのを 見ることがきました。(これは ビデオに録画しています)
 ここで A子とCさんは 王朝時代の女性の衣装を1万7千ウォンで試着して 写真を撮りましたよ。私とBさんは 「年をとると 写真を撮られるのはいやよね・・・。」と 変な理屈をつけて 撮りませんでした。あははは。
 
 ソウルに街には カラスやすずめは 見ませんでした。なぜでしょう???
 韓国では カラスは 精力のつく食べ物だそうです。是非 日本から たくさん連れて行ってもらいたいものです。

 つぎの見学場所は ソウルのど真ん中。昨年の秋に完成したとらしい清渓川 というとろを 散策させられました。笑
 
c0046316_11331230.jpg

 
c0046316_11334417.jpg

 道路の真ん中に 昔あった川をなるべく自然の形で復元させたところで 壁にセラミック陶板があります。日本で言えば 大名行列の一行団体を絵にした感じです。(たしか 5000枚だとチさんが 言っていたと思う。チさんは これを見せたかったらしい)ここで 私にとっては おおいに嬉しいハプニングがありました。
 この散歩道は 結構長いのですが なんと 軍隊の若い兵隊さんご一行に会ったのです。
 誰かが 一緒に写真を撮りたい!とチさんにお願いしてくれたらしく この部隊の一番偉い人に チさんが 交渉してくれて 一緒に写真を撮ってくれることになりました。あははは~ うれしい~~~。
 
c0046316_11364147.jpg

 肖像権の問題で???笑 私たち4人の顔は ぼかしました。あはははは。でも 特に私は この世の最高の幸せみないな顔で 映っていました。彼らは 口々に「ヨン様 ヨン様!」と言っていて笑。とっても若くて キレイな青年ばかりでした。そして チさんを通じて 「僕たちは 韓国の財閥の2世だ!!と紹介してくれ!」と言っていたようです。大笑。財閥の2世だと ドラマの世界ですよね。
 
c0046316_11392736.jpg

 思ってもいなかった ハプニングで 私は とっても嬉しくなってしまい それまでは なかなか 言い出せなかったんですが ついに チさんに 実は私 JISUBのファンなんです。と言って 携帯の待ち受け画面を見せました。すると チさんは 「彼は 軍隊に行ってるじゃない!(それなのに あんた 応援してるなんて えらいね。。。。という雰囲気で)」といい なんと私の頭を抱えて 撫で撫でしてくれました。あははははは~~。嬉しかったです。チさんの甥っ子も軍隊に行っているそうです。青年達のことをとっても可愛い!といい 韓国の青年にブスはいないよぉ。と言ってました。納得。本当に 素直そうで可愛い青年達でした。

 私は 大興奮したままでしたが 次は またもや 免税店へ。今度は ロッテ百貨店です。ここで 実家の母へ紫水晶のブレスレットと夫へ 水晶のブレスレットを買いました。あと もろもろ・・・・。財布の口は1度ゆるむと とどまる事を知りませんし。韓国の日本人相手の商売は 実に見事です。まるで 関西のおばちゃんみたいで・・・・・。これを買ったら これを付けてあげる。といい 渋っていると そしたら 内緒でこれもこっそり付けてあげる・・・といい。それでも 渋っていると お母さんはこれ ご主人はこれ あなたには これとこれがいい!!と・・・・・・。そして あと少し たったこれだけ買えば おまけがつくよ!と 追い討ちをかけてきます。似合うだとか 可愛いだとかきれいだとか 日ごろ言ってもらってない事を言われると ついつい口元がゆるみ 財布の紐もゆるむんですよね。大笑。免税店でのことなので ふっかけられたり 偽モノはないでしょうから 楽しかったですけど・・・・・・。
 ここで 私は しばし A子と離れてたんですが 買い物を終え 合流。集合場所へ行くことになったんですが 迷子になりました。百貨店に入った駐車場が 集合場所だったんですが どこから 入ったのか?????状態なのに 免税店のある10Fから 1Fに降りちゃって 10Fに戻れなくなって・・・・・・・・・・・・・・・。本当に 困った状態でしたよ。A子と私の仲も険悪に・・・・なりそうになった時に なんとか なんとか 駐車場にたどりつけましたが 本当に 危なかったです。あとで わかったことですが 迷えば チさんからもらった紙に チさんの携帯の番号が 書いてあったので そこに電話すれば 良かったんですが そんなこと 全く思いつきもしませんでした。迷って 下りのエスカレーターに乗っているとき 後ろに立っていた男性が ヨン様似のとってもステキな男性でした。しばし 見とれてたんですが・・・・・。(A子が 知ったら 起こるでしょうね。)いやァァァ ほんと 冷や汗もんでした。
                               2日目午後の部へ続く・・・・・・・
[PR]
by muu.ykm69 | 2006-01-25 11:53 | 韓国旅行 2006 | Trackback | Comments(6)
 目覚めたのは 6時半でした。明洞の朝は 暗いです。まだ 真っ暗。
 同室のA子は もともと朝が弱いらしく(事前調査済み。)いびきをかいて寝ていました。前の夜 もしかしたら 私が 先に起きちゃうかも・・・と 話すと 「電気つけてもいいよ!」と了承受けてました。でもテレビだけ 小さい音でつけて じっと我慢。NHKBS2のニュースで 東京が大雪!!と。また センター試験のときだね・・・と思いました。なんとか 7時半まで我慢したんですが 限界が・・・・・・・。静に 洗面、着替えを済まして A子に声をかけました。
 「あたし ホテルの周りを散策してくるから・・・・(7時半だから 起こしてもいいよね?)」
 A子は 「え~~ 大丈夫?????」と言いましたが 私は 寝てる時間がもったいないので 強行突破。
 一人で 明洞の朝の街を散策しました。寒そうだったので 完全防備。腰の下まであるダウンコートと手袋と腰には ホッカイロ。そうそう この使い捨てホッカイロ、実は 韓国で売り出したのは ここ1年くらいだそうです。チさんいわく 日本のゴルフ場に韓国の人を連れて行くと ホッカイロがご自由にお使いください・・・って 置いてあるそうで(私は ゴルフ場に行ったことないんで知らないんですけどね。)韓国の人が これ いくつか持って行っちゃってもいいですよね??って チさんに聞いてくるそうです。マナー違反だなぁ・・・と思っても 見過ごしてたそうですが。(よくあることですよね)日本は そんなに寒くないのに ホッカイロがあって 韓国には最近出来たんだよ・・・と不思議そうに言ってました。
 
c0046316_1093981.jpg

 ソウルロイヤルホテルのすぐ上にある 明洞聖堂。空気がとても冷たくて 朝日に照らされて とってもキレイ。      ・・・・・続きをどうぞ。
 
c0046316_10153613.jpg

 まずは ホテルを出て 左へ。右手に 明洞聖堂があります。キレイな大きな建物でした。中に入れたのかなぁ???
 もうちょっと先まで行くと でかい道路に突き当たりました。ソウルの道路の幅は 噂どおりの広さで とてもじゃないけど 横断する勇気がありません。(絶対に 轢かれそうです!)左の曲がり角にパンやさんがありました。
 
c0046316_1021177.jpg

 
c0046316_10155630.jpg

 やはり サムスンはすごい人気なんですね。
 次は もう1度ホテルまで引き返し 右側(明洞の街中の方へ)を散歩。(CDショップを見つけたかったし)朝早いし 土曜日だったので あまり人がいませんが・・・・・若い高校生くらいの子が 走って集まっている場所がありました。どうも 映画が目当てのような感じ。ここが かの有名なアヴァタだったようです。あちこち見ながら 歩いていると おじさんに呼び止められました。
 「奥さん、今 日本では ドルはどれくらいですか???」黒いコートのポケットに手を突っ込んでいます。
 「???ごめんなさい。知らないんです。」と答えると
 「私 1万円を9万ウォンに両替することが出来ます。どうですか??」と言われました。
 そのときは まだ 前日に空港で両替したウォンが いっぱいあったのです。笑なので 「ごめんなさい。持ってるんです。」と 断りました。なんだか 妙な体験でした。しかし 空港では 1万円が 手数料込みで 8万6千ウォンだし、チさんが 両替してくれると 8万2千ウォンだったので このおじさんの方が レートは良かったみたいです。いったい何者????
 一応 アヴァタを出て 左に曲がってみました。とにかくでかい道路があって 角っこまで 行きましたが でかい道路に阻まれ ホテルに戻ることにしました。
 
c0046316_10272954.jpg
 
 ちゃんと この時に 地図を持って 確認しながら 歩けばよかった・・・・。今 日本で 地図を見ていると 良くわかるんだなぁ~。ソウルの朝は カラスやすずめはいません。静かな朝でした。そうそう 物乞いの方は 朝から いましたね。
 8時過ぎまで うろうろして 部屋に戻りました。なんとか A子起床。9時にロビー集合で 同じホテルに泊まったツアーの11人が チさんに連れられて 一緒に食事に行きました。といっても ホテルの目の前のお店なんですが・・・・。
 
c0046316_10312296.jpg

 신선살농딴というお店で 地球の歩き方にも載ってましたが、たぶん食べたのは ソルロンタンという 牛肉と牛骨で煮込んだスープとご飯のセット。
 
c0046316_1040199.jpg

 スープは 薄味で お塩をかけてもいいと チさんに言われました。ここのキムチは 普通の白菜キムチと大根(輪切り)キムチで それを 自分で お皿にいれて はさみでチョキチョキ切って 食べます。大根キムチが美味しかったです。チさんは ソルロンタンにご飯を入れて キムチを入れて 混ぜて食べるとなお美味しいよ!といいました。(サムシギ的食べ方ですね。なるほど 美味しかったです。いかんせん ソルロンタンが どんぶりですから スープが多くて すべて 飲み干せなかったです。)

 さて 腹ごしらえをしたので 午前中のツアーに出発です。
 目指せ 景福宮。マイクロバスに乗り込みました。

 そうそう・・・・昨夜 チさんと一緒にエステに行った BさんとCさん なんと ホテルに戻ったのは 早朝2時だったそうです。「え~ そんなに遅くまで なにしてたんですか??」と聞くと
 「ちょっと 変じゃない?恥ずかしいんだけど。」と Bさん。
 なんと!!!!!!!!!Bさんは エステに行き 眉毛を刺青しちゃったんです!!!!爆爆爆。たしかに 眉毛がくっきり。「これで 眉毛を書かなくてもいいから 助かったわ!!」というBさん。この刺青は 5年くらいは持つそうです。あははははっははは。やってくれます。
 エステも フルコースを頼んだらしく ありとあらゆることをやったそうです。背中に吸盤をくっつけるやつも。お姫様状態だったらしく BさんもCさんも 大満足でした。
 さてさて 今度こそ 景福宮へ。      ・・・・・続く
 
 
 
 
[PR]
by muu.ykm69 | 2006-01-25 10:47 | 韓国旅行 2006 | Trackback | Comments(0)
 免税店は あまり御用がないので そそくさとマイクロバスに戻った 私とA子。
 ソウル市庁の前には 市が運営する野外スケートリンクが開設されていて どうやら 1000ウォンで滑れるらしく 人々が いっぱい!(寒いのに・・・・・)。
 19時40分、やっと ホテルへ連れて行かれる。ホテルは 明洞中心部にある ソウルロイヤルホテル(日本で地図で 確認したときは 実感しなかったけれど 歩いてみると ホントに 明洞の中心だった!!)
 ガイドのチさんは 「皆さん 今晩の夕食はどうされますか??もし 決まってなければ わたしが 韓国人の行く美味しい焼肉のお店にご案内しますが・・・・・・」と。
  一同 イェ~~~イ。ということで ホテルに荷物を置いて すぐにロビーに集合。歩きで 明洞内にある 名前不明・・・・のお肉屋さんに連れて行かれる。
 ここで ガイドのチさんは 私たち4人グループと一緒に食事をしてくれた。なんでも バンバン聞いてくれるBさんが 
 「チさん!チさん!これはどうするの?どう食べるの?これは何??」
 いっぱい聞いてくれるので 私は苦労せず 韓国式の食べ方で 食べることが出来たのだ!!!



 私とA子は 冷麺とチヂミとデジカルビを注文。
 セレブなBさんとCさんは 骨付き牛肉と 牛カルビですね。笑 ここのお店の冷麺は 黒い麺でした。美味しかったです・・・。コチュジャンでしょうか?混ぜると 汁が 真っ赤になってきました。私のは まだ 我慢できる程度の辛さでしたが なぜか 同じものを注文したのに A子の冷麺の汁は まっ赤赤でした!!しつこいA子は どうして 私のだけ こんなに赤いのか??とチさんに聞いてくれ!!と 言うんですよ。笑(実は 私は地元の某焼肉チェーンの韓国冷麺が大好きで そこの甘いおつゆが何とも言えず美味しく・・・だしの味は そっちが 好みなんですよぉぉぉ。)ここの焼肉屋さんは ただで いただける キムチの種類が4つくらいあって 美味しかったです。チさんには もっと食べろ!といわれましたが・・・・。そうは 食べれませんでした。デジカルビは でかいのを焼いてから はさみを使って 店員がわりのチさんが チョキチョキ切ってくれました。サンチェとごまの葉に肉を乗せ その上に この店特有??長ネギともやしのサラダ??みたいなのを乗せて さらに コチュジャンをその上に乗せて 食べるという方法を 伝授されました。これは 美味しかったですね。私とA子は 肉は デジカルビだけだったのですが 大満足でした。チヂミも頼んだのですが もう 満腹に近い状態で(辛いから 水も飲むしね。)チョビチョビ食べてたら チさんが 食べてくれました。笑(もうこの辺から かなり 打ち解けてましたよぉ)
c0046316_22364654.jpgc0046316_22372666.jpg










c0046316_2238096.jpgc0046316_22592879.jpgc0046316_22595186.jpg












 いっぱい食べて たしか 12000ウォンくらいだったと思うな。
 ここで セレブなBさんとCさんは 韓国でエステを体験したい!と希望を伝え チさんにお店を紹介してもらうことに・・・・。(実は私も 少し関心があったけど A子が 絶対にイヤだ!というので 諦めた。)Bさんは 前にソウルに来た時に ガイドさんに エステに連れて行ってもらったんだけど 置いてきぼり状態にされて 帰りが大変だったので 「チさんは 帰っちゃうの??」と聞く。
 「私はそんなことできないよ。皆が終わるまで待つか 私も垢すりしてもらうよ!」ということで 交渉成立。ここで BさんとCさんとあと残り二人は チさんに連れられて エステへ・・・・。
 「ちゃんと 帰れるよね??迷ったら ロイヤルホテル・・・といえば 教えてくれるからね」と言い残し ここで 別行動へ。
 私には いろいろ目的があったので(笑)それを 察してくれたA子が(優しいトコもあるんだ!)
むうさんの買いたいもの買わなきゃ!!って ことで 帰りながら 明洞の夜の屋台、お店めぐることに。希望としては 化粧品のお店(MISSAやBodyShopやFACESHOPや COOGIなどの数々の化粧品店)で 次女へのお土産のマニュキュアや お安いシート式のfaceパックなどを買いたい!!それと 忘れないうちに CDをゲットしたい!この2つをなんとか 達成。したかったんですよ。彷徨いました。明洞を・・・・・。私が いろいろ回ってから決めたかったので あまり買わないと、だんだん A子が 不機嫌になってきて(当然ですよね。)気を使いながら 買い物するのは なかなか 疲れる。とりあえず チョロチョロとはがすタイプのパックをどっかで 買うことに(お店がいっぱいで どこで買ったか忘れました・・・・)

c0046316_814775.jpgc0046316_23114514.jpg





 化粧品のお店の前には 割とキャラクターの俳優さんのポスターがありまして・・・。どこでしょ??ヒョンビンのものがありました。旅の恥はかき捨てなので 恥ずかしげもなく デジカメで写真を撮りましたよ。汗。ちょっと A子の機嫌も直ってきて A子は 屋台で 繭のようなお菓子を購入。(任寺洞でも実演してました。)このお兄さんが ウォンビン似のハンサムな人でした。
 c0046316_23152755.jpg



 早く CDを買わなきゃ!と思って ショップを探してたんですが なかなか 明洞の中で見つけられず 諦め気味で コンビにに寄り ホテルに帰ろうか・・・・とおもってたら ちょうどホテルのナナメ前くらいに ホントに間口の小さいCDショップが見つかりました。中を覗くと おじさんが一人 ストーブの前で立ってる・・・って 感じで。そのおじさん(もしかしたら 私と同じくらいの年の人 笑)が 怪しげで・・・・・(いや・・・・おじさんは 私の方が 怪しかったんだろうな・・・明日に続く)結局 中を覗きつつ 店に入れず セブンイレブンへ・・・・・・・・・・・。
 (日本で CDショップの場所もちゃんと 調べてたんだけど とてもじゃないけど 探し出して行く時間がなかったです)
 セブンイレブンで 歯磨き粉の竹塩や おにぎり(キムチ味 カルビ味とか・・・たくさん歩いたので ちょっと おなかが空いちゃって・・・・A子にあきられましたが) 飲み物 ひまわりタネチョコ キシリトールガムなど 購入。コンビニで ビニール袋に入れてもらおうとおもうと 1枚につき 30ウォン必要です。別に コンビニのお兄ちゃんの前で 日本語で話してるわけでもないのに 「○○ウォンです。袋は要りますか??」と 日本語で聞かれます。見ただけで 日本人って わかるのかな?????
 c0046316_23251876.jpgc0046316_23254526.jpg


 ホテルの部屋に入ったのが 23時でした・・・・・。2時間くらい 歩いてました。(^^;)
 KBSや MBCを見たりしながら お風呂にはいって 消灯は 24時でした。A子は 頭が痛い・・・と おでこに ひえびたを貼って寝ました・・・・・・・。
 
 明日へ・・・続く。
[PR]
by muu.ykm69 | 2006-01-24 23:28 | 韓国旅行 2006 | Trackback | Comments(2)
 1月20日金曜日 15時40分発ソウル行きの飛行機で 出国予定。
 今回のソウル旅行の発起人は 私。
 同行者は 健診の仕事仲間3人。A子(私が 一人で行こうか・・・と悩んでいたとき 快く一緒に行ってくれる。と言ってくれた。ソウルは 今回3回目)、Bさん(私より10歳くらい年上ナース。セレブで 何度も海外旅行経験済み。)Cさん(X線技師さん。海外旅行初めて。私は あまり知らない人)ところが・・・・出発3時間前に A子から 電話が・・・・・。


 
 「あのぉ あたし 熱が出てきて・・・・。37.3度あるんやけど・・・行けんかもしれん。ギリギリまで 寝てみる。」と ドッキリの電話が。え~~~ドタキャン?????。
 家を出る直前の13時半に再度A子から電話あり。
 「なんとか 行けそう・・・」と。
 ほっと胸をなでおろしながら 空港へ。空港へは 14時集合。私が着いたあとに A子 到着。着くなり
 「やっぱり 帰ろうか・・・・・・・・ダメ 行けそうにない・・・・」
 え~~~~~!!空港まで来て やめるのぉぉぉぉ???航空券ももらい 搭乗手続きに並び いざ 荷物を預ける順番!!って ところで A子が再び 私を呼びとめ 
 「やっぱり やめとく。熱が上がってるみたいだし・・・・」と グチグチ言ってる。
 無理やり連れて行って 体調を崩されても 責任もてないし 最終的に決めるのは 本人の意思だし・・・というのが 私の考え。A子が いけないんだったら 私一人で 頑張るしかない・・・と 半分覚悟を決める。A子を見捨てて 搭乗手続きを済ませていると 大人のBさんとCさんが A子を説得してくれていた。
 「ここまで やってきといて 帰ってどうするんよ!気分悪けりゃ ホテルで寝てればいいじゃん!!」と。亀の甲より年の功。Bさんと Cさんの強引な説得で A子もなんとか 搭乗手続きをする。(やれやれ・・・・これだけで ずいぶん疲れた・・・・・)しかし、出国検査の前は 「う!!!吐きそう~~」とまで いうA子。こうなると みんな 無視に近い状態。好きにしろ!!って 感じ。飛行機に乗るまで やれ 頭が痛いだの、寒気がするだの、グジグジ言ってたけど 乗り込んだ途端 元気になったA子・・・・・(^^;)。そして 機内食を ぺロッとたいあげたのであった。
c0046316_2138626.jpg

 ソウル到着は 17時25分。なんて 近いの仁川空港!!!!!!
c0046316_21442962.jpg

 仁川空港は 想像以上の広さでした・・・。入国手続きまで 歩く歩く。。。ここで活躍したのが Bさん。さすが 海外旅行経験が多い!!最年長でありながら 先頭を颯爽と歩いて 皆を誘導してくれる。私たちのツアーは 全員で14名。空港内で 円をウォンに交換。(空港が一番レートが良いとのこと。。。本当かな??1万円が 86000ウォンだった)のろのろしてたので ガイドさんに出会ったのは 私たちが最後だった。
 ガイドさんは 私と同年代風のチさんという女性だった。この方は 私の住む地域に何度も 韓国の旅行者を連れてきたことがあり とても 親しみやすいガイドさんだった。
 仁川空港で マイクロバスに乗り換えることに・・・・。
 待っているあいだ ちょうど 目の前にパトカーが止まっていた。パトカーだよね??  
c0046316_21525951.jpg

 ここから ソウル市内まで マイクロバスで移動。この道は 高速道路なの???車は 走る走る!!そして 噂どおり ソウルの道は広い!!!ちょうど金曜の夜、ソウルは 車の車庫証明ナシで 誰でも車を持つことが出来るので とにかく 車が多く いつも渋滞している。と チさん。私は ソウルへ続く 車の帯(綺麗な光の帯)を眺め 感慨無量。ハングルの標識を見ていた。途中で 「마보」の標識 発見!!!!!あ~~~ ここをまっすぐ行けば JISUBのいる마보(麻浦)なのね!!と さらに感慨に浸る。
 ホテルに付く前に ソウル市庁の前を通り 免税店へ連れて行かれる。ソウル市内は 去年のクリスマスから ルミナリエということで 綺麗なイルミネーションが見れた。(どうやら 12月の初めから 旧正月の1月28日まで これは続くらしい。神戸のルミナリエが クリスマスくらいで 片付けてしまう・・・と話すと もったいないじゃない!どうして もっと長く飾らないの?とチさんに言われた・・・・・)私は 本場神戸のルミナリエは 見たことないんだけど ソウルのルミナリエも とっても美しく この時期に訪れて とてもラッキーだ!と思った。
 
c0046316_2234785.jpg

 
c0046316_2252564.jpg


 その2に続く・・・・・・・・・。m(_ _)m
 
[PR]
by muu.ykm69 | 2006-01-24 22:06 | 韓国旅行 2006 | Trackback | Comments(4)

2017年も 目指せ断捨離!! 日々の出来事と好きなドラマや映画のことを 書いています


by むう
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31