2017年も 目指せ断捨離!! 日々の出来事と好きなドラマや映画のことを 書いています


by むう
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

罪の声


c0046316_22351568.jpg

罪の声      塩田武士



昭和の未解決事件(昭和59年~60年)グリコ森永脅迫事件
を 実際の事件資料を参考に 極力 史実に基づいて
作者が 推測して書いた 小説です

すごくすごく 面白かったです!

本屋大賞受賞した「蜂蜜と遠雷」も 良かったけど
3位の 「罪の声」も 大力作だと思います~~


主人公は 2人
1人は 「ギンガ萬堂事件」の脅迫テープとして 
子供のころの 自分の声を使われたと知った テーラーの店主・曽根
もう一人は 会社の企画で 事件のことを 掘り下げることになった 新聞記者・阿久津

阿久津の取材に臨む 情熱・正義感・真実を追う姿に
ジャーナリストって
こういう人のことを 言うんだろうなぁと 思いました


2人が別々のルートで 過去の「ギンガ萬堂事件」を たどっていくんですが
どんどん 核心に近づいていき ある点で 2人が 結びつきます!
ストーリー 展開が 実に 上手い

点と点を つないでいき 推理し 

犯人グループに 近づいていく様も もちろん 面白いですが

この事件には 犯人の家族が 思わぬ形で 巻き込まれていて
その家族の悲しい状況に 胸が痛かったです
犯罪の後ろには 犯人の家族の悲しい現実もあるんだなぁ と 思いました

<ちょっと ネタバレ 文字反転>

企業の社長誘拐における身代金や、毒入りの菓子をまく、といった
脅迫をして 企業から お金を奪う ことが
この事件の目的ではなく
そういう犯罪を通じて 株価を操作して 
株取引で巨額な利益を得ようとした・・・という
仕手集団が 犯人グループであったこと
しかし 実際に その株価操作で 得た巨額なお金は どのくらいの金額だったのか?
そのお金が どこに 流れたのかさえわからず
犯行グループは 二つに分裂してしまい・・・・云々 という流れは

なるほどなぁぁぁ
本当に 「グリコ・森永事件」も そうだったのかもしれないなあ と 思いました


「グリコ森永事件」で ウキペディアを 見てみたら
なんと 長い長い~~~~~
これだけでも 相当 読みごたえありますよ!!!
いかに 謎が多い未解決事件だったか ということですね









[PR]
トラックバックURL : https://muuyume.exblog.jp/tb/28344269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tsunojirushi at 2017-12-09 10:58
蜜蜂~は仕事で読みました。
こっちも読んでみたいです。むうさまのお薦めならば( ´∀`)
Commented by muu.ykm69 at 2017-12-11 19:50
tsunoさん お返事遅くなりました

『罪の声』面白かったです
ジャーナリストって 感情移入の取材は しないもんなんですか??
そこが 変 という 指摘してる人が いました
チャンスがあれば 読んでみてください

今は 2009年に 本屋大賞を受賞した「天地明察」を
読んでいるんですが・・・・難しくって
これ ホントに 本屋大賞???です
挫折 寸前です
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by muu.ykm69 | 2017-11-27 22:09 | 読書 | Trackback | Comments(2)