2017年も 目指せ断捨離!! 日々の出来事と好きなドラマや映画のことを 書いています


by むう
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メゾン・ド・ヒミコ

 監督 犬童一心
 主演 オダギリ・ジョー 柴咲コウ 田中泯

 私の探検する映画サイトで この映画の評判が とてもよくて 上映を心待ちにしていました。
 やっと 見れました。
 そして いい映画でした。
 監督は 私の大好きな映画「ジョゼと虎とさかなたち」の犬童監督です。
 このえいが ジョゼに負けず 劣らずだと 私は思います。

 今年 なぜか オダギリさんの出ている映画を 3本見たんですが
 彼 ステキですねぇ・・・・。(パッチギ、SINOBI、メゾン・ド・ヒミコ)
 今 旬の俳優さんですね。

  【あらすじ】
  卑弥呼(田中泯)は 大繁盛していた高級ゲイのお店を閉じ ゲイ仲間とともに
 メゾン・ド・ヒミコという老人ホームを作り そこで ゲイ仲間たちと 残された人生を
 優雅に美しく 暮らしていた。卑弥呼を愛する美しい青年 春彦(オダギリ・ジョー)は
 ガンに侵され 余命いくばくも無い 卑弥呼に 彼の一人娘 沙織を合わせたいと思う。
 春彦は 佐織の職場に出向き メゾン・ド・ヒミコという 老人ホームで 週に1度
 アルバイトをしないか・・・と 持ちかける。
 ガンで亡くなった 母の借金で 苦労していた 沙織は 仕方なくその仕事を
 受け入れるが ゲイの道に走り 自分と母親をゴミのように捨てていった父親の
 卑弥呼を許すことが できなかった。


 ゲイ役のオダギリ君 白のひらひらがついたシャツを パンツにINで、
 足長くて お尻がきれいで 妖艶で 美しすぎます。
 そして 柴咲コウさん すっぴんで 頑張りすぎです。
 おはぎ 手づかみしたり、 コスプレ 似合ってて ピキピキピッキー♪ 笑っちゃいました。
 今時 あんなダサい事務服の会社 ないでしょ??
 (意味不明で スミマセン)

 ゲイの人たちの高齢化社会の問題なんて 考えたことなかったです。
 (ゲイでなくても)メゾン・ド・ヒミコのような 心の通う仲間たちと一緒に 老後を過ごせたら
 どんなに 幸せか・・・と思いましたね。でも その幸せが 徐々に崩れていく
 幸せから 取りに越されていく 死 ってものの 恐怖も 感じました。
 ゲイ・・・・って いうことによる 社会的な差別についても いろいろ感じましたね。
 
 いっぱいいろいろ 考えさせられました。
 「ぶすっとしたブスなんて オカマのばばあより 嫌われるわよ!」
 とか
 「俺って ずっと一人だったから・・・・」
 「あたし 今も 一人だったから」

 とかあのシュチュエーションでの
 「あなたが 好きよ」とか
 この映画から いっぱい いっぱい いいセリフとか 愛をもらいました。

 夜中に書いてますし みょうちくりんな感想ですが とにかく 感動しました。
 とっても オススメの映画です。
                      2005年11月5日 映画館にて ★★★★★
[PR]
トラックバックURL : https://muuyume.exblog.jp/tb/3022415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2005-11-07 09:48
タイトル : 『メゾン・ド・ヒミコ』
せつない痛さと甘さ加減が気に入った。 感情の中の普段使わない部分を刺激されるカンジ。 父親のゲイの恋人の若くて美しい男がある日やって来た、 だなんて、使い古された要素、ねらい過ぎの設定。 主人公、吉田沙織は、ありえないほどにしかめっ面だし。 いかにも・・が過ぎているよなーと最初は冷めていたのに。 ジョゼ虎の監督・脚本コンビが作り出す世界にはやっぱりハマる。 心がカサカサの女、沙織に感情移入できたらしめたもの。 吉田沙織の心の旅を堪能。盆休みのリゾラバに心臓がフル活動。 複雑な...... more
Tracked from まひるの散歩道 at 2005-11-09 10:48
タイトル : メゾン・ド・ヒミコ(2005年日本)
塗装会社の事務員、沙織(柴崎コウ)のもとに若い男が尋ねてきた。彼は春彦(オダギリジョー)、妻子を捨てたゲイの父親、卑弥呼(田中泯)の恋人。 卑弥呼は癌でもうすぐ死ぬ。彼が営むゲイのための老人ホームでバイトしないかと誘う。報酬は弾むと。 父親の存在を否定して育ってきた沙織は拒絶するが、亡くなった母親の治療費で多額の借金があるため、しかたなくホームに向かう。 そこで再会した父と娘。ふたりの間に出来た溝はなかなか埋まらない。 沙織は何度もホームに通ううち、そこの住人たちと少しずつ不思議な関係...... more
Commented by CaeRu_noix at 2005-11-07 09:50
オダジョーすてきでしたよねー
Commented by muu.ykm69 at 2005-11-07 19:58
 TBありがとうございました。
 ホントに ステキな映画でした。
 KISSシーンは ジョゼのときもですが この映画でも 本当に 魅力的でしたね。もう1度見たい気持ちです。
Commented by mam-san at 2005-11-09 10:52
むうさん、こちらからもTBさせてもらいました。
オダギリジョーさんは不思議な魅力の人ですよね。この映画は個性的な俳優さん揃いで、それも楽しめた原因かな。
ジョゼはまだ観る機会がなくて。。。必ずそのうち・・・
Commented by はる at 2005-11-09 17:52 x
むうさん、こんばんわ
私も、この映画スキです。
劇場の予告で『これは見るぞ~』と楽しみにしておりました、しかも監督が
犬童一心・・☆田中泯の存在感と脇を支える俳優さんも、良かった。
で~オダギリジョーセクシーでしたね。立ち姿、やられました(壊)
私ぜんぜん興味なかったけど、ん~いいなぁ☆
これのノリでSINOBI入ったんですが、コケました(笑)
「俺って ずっと一人だったから・・・・」
 「あたし 今も 一人だったから」
この言葉で二人の心の距離が感じられました。
でも、スキでもどうしょうもない事に(私にはわかりませんが・・)
切なかった。ラストは『この映画見て良かった』と思わせてくれました。
Commented by むう at 2005-11-09 20:00 x
 Mamさん ジョゼは 是非オススメなので 見てくださいね。
 一人のときが いいかも??
 音楽もいいし 妻夫木君も池脇さんも いいですよ!!考えさせられますので。
 たしかに ジョゼもヒミコも 個性的な俳優さんぞろいですよね。
 そこが いいのかも。メゾンドヒミコでも 3回くらい つ~っと 涙が流れた私。ジョゼでも泣きました。是非是非 オススメ。
Commented by むう at 2005-11-09 20:04 x
 はるさん こんばんは。
 見られたんですね。ホント いい映画でしたね。
 すっぴんの柴咲さんに フェロモン爆発のオダギリさん。
 ヒミコも 神秘的で ステキだったし ゲイのおじさんたちが 可愛かった。
 日本の古い風習も大切にしてたし。DVDになったら また 見ます。
 SINOBIはね・・・・オダギリ君の映画って 感じじゃないよね。仮面ライダーの延長っぽいもの。
 私は オダギリ君が ゲイで 柴咲さんが ノーマルだから 悲しかったり いとおしかったりしたんだろうなぁって 思いました。監督 脚本の勝利でしょうか。
 とにかく いい映画でしたね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by muu.ykm69 | 2005-11-07 00:13 | 映画 | Trackback(2) | Comments(6)